日々是書評

書評初心者ですが、宜しくお願いします ^^

【レビュー】刑務所しか居場所がない人たち - 山本譲司

刑務所しか居場所がない人たちposted with ヨメレバ山本 譲司 大月書店 2018年05月17日 楽天ブックスAmazonKindle 総評 世間知らずの自分だから、刑務所の実態を知らずに生きてきてしまった。 我々の想像に反して、イベントごとを重視している刑務所もあるの…

「マチネの終わりに」は読みにくい? 読書慣れするための読みやすい小説6選

どうも、書評ブロガーの chuck(@chuck_blogger)です。 ブロガーとしてアクセス解析を行っていると、「マチネの終わりに 読みにくい」という検索流入が観測されます。 読書家の自分として結論を言うと、読みにくくはないと思います。でも確かに癖はあります…

【先輩ゲイからのエール】まずは、ゲイの友だちをつくりなさい - 松中権

総評 「LGBT初級講座」と銘打った本書。1人のゲイ当事者として手にとってみた。 「LGBT」とは言え筆者はゲイであり、ゲイの視点が多い。しかし杉野文野さんというトランスジェンダーの友人の話が度々登場する。文中では杉野文野さんの書籍が紹介されており、…

【まとめ】冬ごもりにオススメの本10選【ツイッターハッシュタグ】

どうも、書評ブロガーの chuck(@chuck_blogger)です。 ツイッターで #冬ごもりにオススメの本10選 というハッシュタグを見つけて、面白そうだったのやってみました。改めて、こちらのブログにも書きます。 ツイート検索はこちらから。 #冬ごもりにオススメ…

【きっと世界がちがって見える】生き物の死にざま - 稲垣栄洋

総括 ブクログでの前評判、内表紙の「限られた命を懸命に生きる姿が胸を打つエッセイ」という一文、草思社という初めて聞く社名。全てがときめきを加速させる。名作の予感を持ちながら、ページをめくり始めた。 文章が無駄なく、それでいてみずみずしさを感…

【まとめ】名刺代わりの小説10選【ツイッター】

どうも、書評ブロガーの chuck( @chuck_blogger )です。 ツイッターで #名刺代わりの小説10選 というハッシュタグを見かけまして。面白かったのでやってみましたw ツイート検索はこちらから。 #名刺代わりの小説10選 hashtag on Twitter 名刺代わりの小説10…

【泣けない女vsナチュラルクズ彼氏】かわいそうだね? - 綿矢りさ

レビュー 総括 表題作の「かわいそうだね?」について。 樹理絵は交際している彼氏がいる。その彼から突然、元カノを自分の家にしばらく泊めたいと打ち明けられる。元カノは仕事が無く、家賃が払えない状況。実家には「帰りたくない」と言う。そんな彼女を助…

【文化人類SFの最高峰】所有せざる人々 - アーシュラ・K・ル・グィン

所有せざる人々 (ハヤカワ文庫SF)作者: アーシュラ・K・ル・グィン,Ursula K. Le Guin,佐藤高子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1986/07/01メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 76回この商品を含むブログ (37件) を見る レビュー SF小説の必読書と言われる…

【人生の再構築】ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。 - 幡野広志

ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。posted with ヨメレバ幡野 広志 ポプラ社 2019年05月28日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー がん患者である幡野広志さんが書かれたエッセイ。命について、家族について、人生について、丁寧に描…

【要約/感想】大人のADHD: もっとも身近な発達障害 - 岩波明

大人のADHDposted with ヨメレバ岩波明 筑摩書房 2015年07月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 先日人生で初めて、知人からADHDをカミングアウトされた。ADHDについて印象でしか理解をしていないので、良い機会だと思い本書を購入。 悪くなかった…

【もっとSFを好きになる】いま集合的無意識を、 - 神林長平

いま集合的無意識を、posted with ヨメレバ神林長平 早川書房 2012年03月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 総評 神林長平による、意識をテーマにした短編集。全6篇。 国内SF作家の第一人者によるSF短編集。非常にわくわくしながら読んだ。 果たし…

【未熟で残酷な人々】やさしい訴え - 小川洋子

やさしい訴えposted with ヨメレバ小川 洋子 文藝春秋 2004年10月08日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー この物語は果たしてハッピーエンドなのだろうか。自分にはとてもそうは思えなかった。 瑠璃子は夫の不倫と暴力から逃げるようにして、林の中…

【加害者家族の真実】息子が人を殺しました - 阿部恭子

息子が人を殺しましたposted with ヨメレバ阿部恭子 幻冬舎 2017年11月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 「息子が人を殺しました」。 あまりにも強烈なタイトルだ。印象に残り、そして本書の内容を的確に表している。 加害者家族と言えば、報道陣…

【東京、夜、そして縁】おやすみ、東京 - 吉田篤弘

おやすみ、東京posted with ヨメレバ吉田篤弘 角川春樹事務所 2019年09月14日 楽天ブックスAmazonKindle レビュー 吉田篤弘については詳しくないのだけど「おやすみ東京」というタイトルとこの表紙はちょっとズルい。一度目にしたら気になってしまう魅力があ…

【ひとりが寂しいと感じたら】孤独と不安のレッスン - 鴻上尚史

孤独と不安のレッスンposted with ヨメレバ鴻上尚史 大和書房 2011年02月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 鴻上尚史さんと言えば、ネット上の人生相談の名回答者としてよく話題になる。気になる人物ではあった。そんな折りに、ブクログで見かけた…

【きっと明日からまた優しくなれる】ボクの彼氏はどこにいる? - 石川大我

ボクの彼氏はどこにいる?posted with ヨメレバ石川 大我 講談社 2009年03月13日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー この本の単行本が出版されたのが2002年のこと。自分はまだ11歳だった。 「ボクの彼氏はどこにいる」 なんてシンプルで分かりやす…

【人生を狂わす嘘と勘違い】氷点(下) - 三浦綾子

氷点(下)posted with ヨメレバ三浦 綾子 KADOKAWA 2012年06月22日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 上巻までのあらすじ 医者の辻口啓造は妻である夏枝の不貞を疑った。夏江の不貞の間に娘が殺害されてしまったことが、やりきれなくて仕方なかっ…

【静かな音楽小説】羊と鋼の森 - 宮下奈都

羊と鋼の森posted with ヨメレバ宮下 奈都 文藝春秋 2018年02月09日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー あまりに長いこと話題になっているので遅まきながら購入。 結論から言うと、文句なしに星3つ。ふつーの小説だった。 ピアノの話なら恩田陸の…

【大人の恋愛小説】マチネの終わりに - 平野啓一郎

マチネの終わりにposted with ヨメレバ平野 啓一郎 文藝春秋 2019年06月06日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 平野啓一郎を初めて読む。以前から気になった作家ではあるけど。 「マチネの終わりに」は恋愛小説であり、どちらかと言えば苦手分野。…

【書くための考え方】読みたいことを、書けばいい。 - 田中泰延

読みたいことを、書けばいい。posted with ヨメレバ田中 泰延 ダイヤモンド社 2019年06月14日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 「読みたいことを書けばいい」 このタイトルを聴いた時、ブロガーとしてはワクワクしたのを覚えている。 自分のライ…

【憎しみが満ちる家庭】氷点(上)- 三浦綾子

氷点(上)posted with ヨメレバ三浦 綾子 KADOKAWA 2012年06月22日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 崩壊することが人為的に決定づけられた家族の物語を読む、こんなに辛いことはなかった。 愛のない、むしろ憎しみが充満するお茶の間に、まるで…

【農業エンタメ】農ガール、農ライフ - 垣谷美雨

農ガール、農ライフposted with ヨメレバ垣谷美雨 祥伝社 2019年05月15日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 垣谷美雨さんの作品を読むのは何冊目になるんだろう。今回もご多分に漏れず、及第点を軽く超えてくる出来栄え。 社会問題に触れつつも良…

【元祖ニューヨークの女?!】ティファニーで朝食を - トルーマン・カポーティ

ティファニーで朝食をposted with ヨメレバトルーマン・カポーティ/村上春樹 新潮社 2008年12月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー ティファニーで朝食を。自分の中では「名前は知っているけど読んだことは無い本ランキング」ナンバーワン!w 「人…

【投資の必読書】敗者のゲーム - チャールズ・エリス

敗者のゲーム原著第6版posted with ヨメレバチャールズ・D.エリス/鹿毛雄二 日本経済新聞出版社 2015年01月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 「敗者のゲーム」とはつまり、現在の市場において個人投資家の勝ち目がほとんどない状態であるという…

【うつ病の心理】心の休ませ方 - 加藤諦三

心の休ませ方posted with ヨメレバ加藤諦三 PHP研究所 2006年10月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー かれこれ3年以上前から、ニッポン放送の「テレフォン人生相談」を聴き続けている。加藤先生の的確で鋭いアドバイスは、テレフォン人生相談の魅力…

【酷評】賢明なる投資家 - ベンジャミン・グレアム

賢明なる投資家改訂4版の翻訳posted with ヨメレバベンジャミン・グレアム/土光篤洋 パンローリング 2014年05月 楽天ブックスAmazonKindle レビュー ウォーレン・バフェットの愛読書である「賢明なる投資家」。投資の初心者として気になっていた。ネットで見…

【感想】いやでも物理が面白くなる - 志村史夫

いやでも物理が面白くなる〈新版〉 「止まれ」の信号はなぜ世界共通で赤なのか?posted with ヨメレバ志村 史夫 講談社 2019年03月13日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー SFが大好きな自分はずっと物理を学びたかった。宇宙や時空について詳しくな…

【感想】池上彰の世界の見方 ロシア - 池上彰

池上彰の世界の見方 ロシアposted with ヨメレバ池上 彰 小学館 2018年11月14日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー この本は「世界の見方」という池上彰さんの授業を書籍化したもの。収録されているのは、タイトルの通り、ロシアに関する授業。 受…

【究極の孤独と恋愛】すべて真夜中の恋人たち - 川上未映子

すべて真夜中の恋人たちposted with ヨメレバ川上 未映子 講談社 2014年10月16日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 川上未映子という作家の本は初めて読んだ。前から気になってはいたけど。 ページ数を贅沢に使う作風だと感じた。つまり描写過多と…

【文芸オタクの本紹介】人生を狂わす名著50 - 三宅香帆

人生を狂わす名著50posted with ヨメレバ三宅 香帆/今日 マチ子 ライツ社 2017年09月29日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 人生を狂わす名著と称して50冊が紹介される。 紹介されるのは小説だけではない。古典文学・短歌・漫画など、幅の広さを見…