日々是書評

書評初心者ですが、宜しくお願いします ^^

【不動産投資】サラリーマンは今すぐ5000万円借りなさい!- 木村拓也

サラリーマンは今すぐ5000万円借りなさい!posted with ヨメレバ木村拓也 秀和システム 2020年03月28日頃 楽天ブックスAmazonKindle レビュー マンション購入を考えており、手に取ってみたのが本書。書店で目立つようにディスプレイされていたし、今年(2021…

【引用・抜粋】日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか - 矢部宏治

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのかposted with ヨメレバ矢部 宏治 講談社 2019年02月22日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか。非常に心を掴むタイトルであります。 ここ数年、…

【個人事業主1年目に読みたかった】税務署員だけのヒミツの節税術 - 大村大次郎

税務署員だけのヒミツの節税術posted with ヨメレバ大村大次郎 中央公論新社 2012年12月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 個人事業主になって3年が経った。個人事業主と言えば、確定申告だ。つまり節税のチャンスだ。これまでは独学でやってきた…

【秀逸・文化人類系SF】アメリカン・ブッダ - 柴田勝家

アメリカン・ブッダposted with ヨメレバ柴田 勝家 早川書房 2020年08月20日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 「アメリカン・ブッダ」というタイトル。そして、このあらすじ。 未曾有の災害と暴動により大混乱に陥り、国民の多くが現実世界を見…

【1日に300回のドーパミン注射】スマホ脳 - アンデシュ・ハンセン

スマホ脳posted with ヨメレバアンデシュ・ハンセン/久山 葉子 新潮社 2020年11月18日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 面白かった。自分自身、スマホに費やす時間が年々と増えてきた自覚があり、そこに歯止めをかけてくれる1冊だった。 スマホ…

【エッセイ】本音の置き場所 - バービー

本音の置き場所posted with ヨメレババービー 講談社 2020年11月06日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 個人的に女性芸人と呼ばれる人たちは好きで、なかでもバービーは特に好き。そんな彼女が書いたエッセイなのだから、読まないわけにはいかな…

【腹痛の原因と対策】新しい腸の教科書 - 江田証

新しい腸の教科書 健康なカラダは、すべて腸から始まるposted with ヨメレバ江田 証 池田書店 2019年06月11日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 教科書というと、ちょっと構えてしまう感じがある。が、実際には160ページほどしかない。しかも半…

【死の聖性を剥ぐ】あなたのための物語 - 長谷敏司

あなたのための物語posted with ヨメレバ長谷敏司 早川書房 2011年06月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー SF的な展開と人間的な描写と、そのレベルが双方高く、それでいてちょうど良い塩梅になっている。 ITPという人工的に作られた人格が、この小…

【論理株価】少額からでも確実に増やせる! 資産を1億円にする、すごい株式投資 - 白坂慎太郎

資産を1億円にする、すごい株式投資posted with ヨメレバ白坂 慎太郎 フローラル出版 2020年12月16日頃 楽天ブックスAmazonKindle レビュー 割と新しめの書籍とのことで、書店で見かけて気になった。 筆者は元・塾講師。なるほど、文章は読みやすく、良い意…

【江戸の人情】さぶ - 山本周五郎

さぶposted with ヨメレバ山本 周五郎 講談社 2018年01月16日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 山本周五郎と言えば、「山本周五郎賞の人」というイメージしか無かった。が、友人から「さぶ」を薦められて、良い機会だと思って読んでみた。 なん…

【薬局3.0】薬局が変われば地域医療が変わる - 狭間研至

薬局が変われば地域医療が変わるposted with ヨメレバ狭間研至 じほう 2014年07月 楽天ブックスAmazonKindle レビュー 大変面白かった。「地域医療」とのことで、なにか個別具体的な書籍かなと思ったけど、そうではなかった。 薬学・薬局業界が辿ってきた歴…

【現実を作り出す判断】倫理学入門 - 品川哲彦

倫理学入門posted with ヨメレバ品川 哲彦 中央公論新社 2020年07月21日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 倫理学というものに自分は疎い。そんな自分にとって「善と悪を問い直す」という帯の一言は、惹きつけられるものがあった。 果たして、第…

【過酷な自然の中で、生きることの真実に向き合う】人間の大地 - サン・テグジュペリ

人間の大地posted with ヨメレバアントアーヌ・ド・サン・テグジュペリ/渋谷豊 光文社 2015年08月06日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 「人生を狂わす名著50」で紹介されていたので、読んでみた。サン・テグジュペリと言えば、言わずとしれた…

【ネガティブフリーダムからポジティブフリーダムへ】自由への手紙 - オードリー・タン

オードリー・タン 自由への手紙posted with ヨメレバオードリー・タン/クーリエ・ジャポン編集チーム 講談社 2020年11月19日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 台湾におけるコロナ対策のキーパーソンとして、一躍有名になった感のあるオードリー…

【自分を好きになる、他人に寛容になる】私とは何かーー「個人」から「分人」へ - 平野啓一郎

私とは何かーー「個人」から「分人」へposted with ヨメレバ平野 啓一郎 講談社 2012年09月14日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 平野啓一郎さんを読むのはこれで2度目。1冊目は「マチネの終わりに」だった。なので、エッセイを読むのは初めて…

【良いデザインは人間のためのデザイン】誰のためのデザイン? - ドナルド・ノーマン【要約】

誰のためのデザイン?増補・改訂版posted with ヨメレバドナルド・A.ノーマン/岡本明 新曜社 2015年04月 楽天ブックスAmazonKindle 総評 扱うテーマはまず、デザインそのものについて。良いデザイン、悪いデザインについて説かれる。 「アフォーダンス、シ…

【全てに先んじる深刻な問題】未来の年表 人口減少日本でこれから起きること - 河合雅司

未来の年表 人口減少日本でこれから起きることposted with ヨメレバ河合 雅司 講談社 2017年06月14日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー ブクログで見かけて気になったので購入。 人口減少と言えば、もちろん大きな社会問題。しかし本書は、それ…

【王道宇宙系SF】老人と宇宙 - ジョン・スコルジー

老人と宇宙(そら)posted with ヨメレバジョン・スコルジー/内田昌之 早川書房 2007年02月28日頃 楽天ブックスAmazonKindle レビュー 老人と宇宙(そら)。タイトルは知っていてずっと気になっていたけど、ついに手に取ってみた。 やはり必読書として挙げら…

【引用・抜粋】総理の影: 菅義偉の正体 - 森功

総理の影posted with ヨメレバ森 功 小学館 2016年08月24日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 2020年、安倍晋三の退任により、暫定首相として菅義偉がその座についた。 平成生まれの自分は、菅義偉という人物について、あまり多くを知らない。と…

【文明崩壊系記号SF、ほか】象られた力 - 飛浩隆

象られた力posted with ヨメレバ飛浩隆 早川書房 2004年09月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 飛浩隆を読むのはこれが初めてとなる。本作は、表題作の「象られた力」を含む4篇からなる作品。レビューの評価が高く、初めて読むのには最適かとも思…

【苦痛につき断念】真夜中の子供たち - サルマン・ラシュディ

真夜中の子供たち(上)posted with ヨメレバサルマン・ラシュディ/寺門 泰彦 岩波書店 2020年05月19日頃 楽天ブックスAmazonKindle レビュー ブクログでフォローしている人が絶賛していたので、気になって買ってみた。 実際に購入してみると、帯コメントま…

【泥臭い孤独の放埒小説】I'm sorry, mama. - 桐野夏生

I’m sorry,mama.posted with ヨメレバ桐野夏生 集英社 2007年11月25日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー いつか誰かにオススメされた本。それが桐野夏生の「I'm sorry, mama.」だった。 しかし、自分は「グロテスク」から読んだ。そして「OUT…

【ゆっくりと生きる人生がもたらす温かみ】阿佐谷姉妹ののほほんふたり暮らし - 阿佐谷姉妹

阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らしposted with ヨメレバ阿佐ヶ谷姉妹 幻冬舎 2020年02月06日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 言わずと知れた阿佐谷姉妹が書く、日常的エッセイとのことで。気になったので手に取ってみた。 存外よかった。 2人…

【いま、被爆日記を読む】黒い雨 - 井伏鱒二

黒い雨改版posted with ヨメレバ井伏鱒二 新潮社 2003年05月 楽天ブックスAmazonKindle 2020年8月、「黒い雨」訴訟のニュースを目にした。原爆関連のニュースであることは分かるものの、自分はそれ以上に詳しいことを知らない。 そこで本作、黒い雨を手に取…

【感染症人類滅亡SF】復活の日 - 小松左京

復活の日posted with ヨメレバ小松 左京 KADOKAWA 2018年08月24日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 2020年、コロナウイルスが世界を席巻した。そこで話題になったのがウイルスの流行を題材とする本作。 脅威の死亡率を持つ謎のウイルスが世界に…

【自分を愛することは、最大の社会貢献】沖縄から貧困がなくならない本当の理由 - 樋口耕太郎

沖縄から貧困がなくならない本当の理由posted with ヨメレバ樋口耕太郎 光文社 2020年06月17日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 多くの日本人がそうであるように、自分もまた沖縄に対して好印象を持っていた。それは「なんとなく」の好印象で、…

【酒好きの読書家の必読書?】お酒の経済学 - 都留 康

お酒の経済学posted with ヨメレバ都留 康 中央公論新社 2020年07月21日頃 楽天ブックスAmazonKindle レビュー お酒の経済学。大学で経済系を専攻し、そしてお酒が好きな自分にとっては、なんとも気になるタイトルである。 内容については、予想していたより…

【頼り頼られて生きていく】相模原障害者殺傷事件 - 朝日新聞取材班

相模原障害者殺傷事件posted with ヨメレバ朝日新聞取材班 朝日新聞出版 2020年07月07日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー 本書が取り扱うのは、2016年に相模原市で起きた殺傷事件。書き手は朝日新聞の記者ら。 生産性と生命に関する話題が絶え…

【書評】悪人 - 吉田修一

悪人 新装版posted with ヨメレバ吉田修一 朝日新聞出版 2018年07月06日頃 楽天ブックスAmazonKindle レビュー 正直、救いのない話だと思う。 この小説の中で(僕にとっての)悪人は不当に殺されてしまった。あるいは、裁かれずに野放しになっている。 そし…

【世界の知性6人が未来を占う】コロナ後の世界 - ジャレド・ダイアモンド、ほか

コロナ後の世界posted with ヨメレバジャレド・ダイアモンド/ポール・クルーグマン 文藝春秋 2020年07月20日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle レビュー コロナ禍という切り口で、6人の知識人が持論を展開する。 「ライフ・シフト」のリンダ・グラットン …