日々是書評

書評初心者ですが、宜しくお願いします ^^

原田マハ

「マチネの終わりに」は読みにくい? 読書慣れするための読みやすい小説6選

どうも、書評ブロガーの chuck(@chuck_blogger)です。 ブロガーとしてアクセス解析を行っていると、「マチネの終わりに 読みにくい」という検索流入が観測されます。 読書家の自分として結論を言うと、読みにくくはないと思います。でも確かに癖はあります…

【芸術にかける使命のバトン】美しき愚かものたちのタブロー - 原田マハ

レビュー 美術館を作りたいと夢を語った松方。 そしてその夢にほだされた田代。 だけどそのためには、フランス政府に没収されたコレクションの返還が不可欠だった。 戦後の不利な日仏関係のもとでの返還交渉、これは間違いなく熱いストーリーになる。 …と思…

【田園と再生の物語】生きるぼくら - 原田マハ

レビュー 原田マハさんの本はこれで三冊目。 「異邦人」で引き込まれて、「本日はお日柄もよく」そして「生きるぼくら」と読み進めてきた。 異邦人の文句なしの星5っぷりとは対照的に、生きるぼくらは文句なしに星3つ。決してつまらなくはないんだけど、無難…

【芸術と情熱】楽園のカンヴァス - 原田マハ

レビュー とても面白くて一気に読んでしまった。 魅力的なキャラクターや、謎解きのような夢中になれるストーリー、そしてアートの歴史と世界。それら全てが、とても読みやすく落ち着いた原田マハの文筆力で展開される。それゃあ面白いに決まっている。 だけ…

【日仏アート小説】たゆたえども沈まず - 原田マハ

レビュー 同じ美術小説として、どうしても「楽園のカンヴァス」や「暗幕のゲルニカ」と比べてしまう。 これらは紛れもない傑作なのに、「たゆたえども沈まず」はどうしても霞んで見えてしまった。 どうして霞んで見えたのだろう。 おそらく、フィンセント・…

【アート小説の傑作】暗幕のゲルニカ - 原田マハ

暗幕のゲルニカ (新潮文庫)作者: 原田マハ出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2018/06/28メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る ニューヨーク、国連本部。イラク攻撃を宣言する米国務長官の背後から、「ゲルニカ」のタペストリーが消えた。MoMAのキ…

【沖縄恋愛小説】カフーを待ちわびて - 原田マハ

カフーを待ちわびて (宝島社文庫)作者: 原田マハ出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2008/05/12メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 55回この商品を含むブログ (53件) を見る もし絵馬の言葉が本当なら、私をあなたのお嫁さんにしてください―。きっかけは絵馬に…

【戦後沖縄の感動実話】太陽の棘 - 原田マハ

レビュー 原田マハを読むのはこれで7冊目になる。 アートをテーマにしているということは、楽園のカンヴァスや暗幕のゲルニカのようなテイストなのかなと予想しながら読んだ。 中盤までは、星3つな気分で読んだ。面白いのだけど、上述の名作に比べると普通…

【書評】ロマンシエ - 原田マハ

ロマンシエ (小学館文庫)作者: 原田マハ出版社/メーカー: 小学館発売日: 2019/02/06メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 政治家を父に持つアーティストの卵・遠明寺美智之輔は、恋愛対象が同性の乙女な男子。同級生の高瀬君への恋心を秘めたまま、日本…