日々是書評

書評初心者ですが、宜しくお願いします ^^

【書評】東京を生きる - 雨宮まみ

レビュー

東京の大学に進学した時。東京で一人暮らしを始めた時。東京の会社で働き始めた時。 その度に一度は胸が高鳴った。

けれど、僕らの日常というのは、油断するとすぐに新鮮味を失う。 気がつけば28歳になり、単調な毎日を暮らしていると感じる時がある。

そんな日常に彩りを取り戻そうと何度か試してみた。けど、持続しなかった。 そのためには継続的な努力と工夫が必要だと自分は感じている。

それが面倒で、また退屈な日々に陥ってしまう。 日常を楽しむというのは1つの才能なのだと思う。

雨宮まみという女性は、きっとそんな才能を持った人だった。 人生を楽しむための欲望を追求し続けた人だった。

だけど、その代償として孤独や苦悩を払い続けた人でもある。 40歳という若さで亡くなった彼女は、人生の最後の瞬間まで戦っていたのだと思う。

そんなありのままの姿をさらけ出してくれるから、この人のことを好きだと思える。この本を読んで良かったと思える。

退屈な日常に変化をつけたくて、自転車通勤を始めてみた。 蓋を開けてみれば、新宿と六本木の距離は通えない距離ではなかった。

朝の東京が、そして日の沈みゆく東京が、こんなにも綺麗だなんて知らなかった。

ちょっとした工夫で、僕らはまた新しい東京に出会うことができる。 そんなことを教えてくれる、魂のエッセイだった。

星評価

★★★★★

本日レビューした本

Amazon

東京を生きる

東京を生きる

楽天ブックス